HOME > 声優ランク制度について

声優ランク制度について

好きなことに関連する仕事をすることが出来れば、楽しみながら仕事をすることが出来るでしょう。 例えば、映画やアニメが好きなのであれば、それに関する仕事をしたいと思うはずです。 映画やアニメにかかわる仕事がしたいのであれば、声優になってかかわっていく事も考えられます。

声優になれば、自分が大好きなアニメの中に藤樹雄ることもできるかもしれませんし、憧れの俳優たちが出る映画の吹き替えをやらせてもらえることだってあるかもしれません。 自分がその作品にかかわって出演できると思えば、仕事をしているときも仕事を終えた後にも楽しむことが出来ます。 専門学校などに通って学んでいく事もできますので、実力をつけるためにも学んでみるといいでしょう。 それから無事に声優になることが出来たのであれば、どんな風に仕事をこなしていくようになるのでしょうか。

ギャラの元になる声優ランク制度の仕組みとは?

声優にはランク制度というのがあり、それをもとにギャラが発生するようになっています。

まず最初のランクとしては、ジュニアランクになります。

この時点では出演一本につき15000円というギャラが発生するようになっていますが、どれだけのセリフがあるかではなく、一本単位でギャラが決まってくるのです。 セリフが多い役だったとしても、セリフが少ない役だったとしても、同じ金額をもらうことになりますので、主役急にセリフが多くても、脇役の人と同じギャラというのは、いまいちな徳が出来ないかもしれません。

しかしこの期間は見習い期間だと考えて、どんどん仕事をこなしていくようにするといいでしょう。 まずはたくさん仕事をこなしていく事によって、実力がついてくるだけではなく、人気につながっていくようになるからです。

セリフが少ない方が割がいい仕事が出来たと思うかもしれませんが、セリフが少なければそれだけ人に知ってもらうことが出来なくなります。 多くの人に知ってもらうことが出来なければ人気にもつながっていきませんので、どんどん仕事をこなしていくようにし、知ってもらうようにしていきましょう。 それではこのジュニアランクはいつまで続くのかというと、3年間経過するまでとなっています。

3年間経過すれば自動的にランクが上がるようになっていますので、ギャラも変わってくることになるのです。

ジュニアランクからの3年後には自動的にランクが上がりますが、それからも経験年数などに応じてランクが上がっていくようになります。

まず最初のランクとしては、ジュニアランクになります。

最高のAランクまでくればどのくらいのギャラがもらえるかというと、ジュニアランクよりも3倍の45000円がもらえるようになってきますので、かなり高額になってくるのです。

しかし高額になってきたとはいえ、さらに稼げるようになりたいのであれば、ノーランクまで上がれるようにしなくてはなりません。 ノーランクになった場合には、定額料金が決まっているわけではありません。 交渉次第によってギャラが決まっていくようになりますので、自分の言い値で雇ってもらうこともできるのです。

ノーランクになるためには、相当有名になっていなくてはなりません。

有名になり、多くの人から求められる声優になることによって、ギャラの交渉もしやすくなってきます。 毎回あまりにも高い金額を提示していると、仕事がなくなってしまうようなことになってもいけないでしょう。

あまりにも高額な料金を請求してしまえば、もっと安くて役にあう相手にお願いしようと思うようになるものです。 いくら実力があり、自分に自信があったとしても、あまりにも無理な金額を提示しないようにし、いつまでも求められる人になる必要があります。 この人にお願いしたいと思われるようになれば、自然と年収アップにもつながっていきますので、数千万円や数億円という大金を稼いでいく事もできるのです。

声優として働いていくためには、商売道具でもある声を守らなくてはなりません。 声を守ることが出来なければ、セリフを言うことが出来ませんので、普段からのどのケアをしていくようにしましょう。 風邪をひかないように気をつけたり、乾燥をしないようにするためにも喉を冷やさないようにしておくことです。 喉を冷やさないようにすれば風邪をひきにくくなりますし、声の調子も整えることが出来ますので、仕事にも影響が出にくくなります。

せっかくもらった仕事の時に、声が出なくなってしまっていれば、もう二度と仕事を回してもらえなくなってもいけません。 商売道具の状態が悪くなっていればプロ失格と思われてしまってもいけませんので、のどは常に気を付けるようにしておきましょう。

数億円も稼げるようになれる人になりたいと思っても、ほんの一握りの人しかなることはできませんが、夢はあきらめてしまえばそこで終わってしまいます。 ランク制度があることによって、最初の三年間は見習い期間として働くつもりでいましょう。

下積みを積んでからランクが上がることによって、初心を忘れにくくなります。

⇒ 声優の生き様Topへ

ページトップへ戻る
Copyright(C) 声優の生き様 All Rights Reserved.