HOME > 声優だけがわかる専門用語

声優だけがわかる専門用語

様々な業界にはそれぞれ専門用語が存在しますが、声優の業界にもたくさんの用語が存在します。声優の専門用語は実に様々なものがありますが、頻繁に聞くのが「アフレコ」です。「アフレコ」は「アフターレコーディング」の略称で、主にテレビアニメの収録で用いられます。完成した映像に合わせて、後から声を当てるため、アフターレコーディング、略してアフレコと呼ばれています。

一方、洋画の吹き替えの場合は「アテレコ」といい、洋画に出演している俳優がしゃべっているのに合わせて日本語で声を当てることを指します。また、「ガヤ」と言う専門用語は、テレビアニメなどで街中のシーンがある場合などのざわざわした声を指します。その他にも、私たちが連想するものとは違うものを指す言葉もあります。その一つが、「金魚鉢」です。私たちが連想する金魚鉢は、文字通り金魚が入っている鉢ですが、声優業界での「金魚鉢」はディレクターや音響監督が仕事を行う「副調整室」のことを指します。スタジオの中から見ると、あたかも副調整室が金魚鉢のように見えることから名づけられました。さらに、声優業界では「セリフ」に関する専門用語が多数存在し、「セリフを喰う」、「セリフを立てる」、「セリフが硬い」などが挙げられます。

⇒ 声優の生き様Topへ

ページトップへ戻る
Copyright(C) 声優の生き様 All Rights Reserved.