HOME > 声優という仕事の歴史

声優という仕事の歴史

声優という言葉の誕生の歴史を知るためには、東京放送局(現在のNHK)が、自局のラジオドラマに出演する俳優を養成するための劇団(NHK放送劇団)を創設した1941年まで遡らなければなりません。 当時の新聞が、その劇団の第1期合格者のことを、「声優」として報じたのが、この言葉の起源だといわれています。

その後、戦争による中断はありましたが、ラジオドラマは多くの人々の心をとらえ、出演者たちも大変な人気を博しました。 そのようにして生まれた声優の歴史を大きく変えたのが、1953年のテレビ放送の開始です。

初期のテレビはプロレス、野球といったスポーツの中継がメインコンテンツでしたが、テレビが徐々に普及していき、放送時間が拡大していくのにつれて、番組不足が深刻な問題となってきていたのですが、それを解消するために関係者が目を付けたのが、アメリカ製のテレビ用映画でした。 映画館のスクリーンとは異なり、字幕が見にくいテレビのために「吹き替え」という手法が考えられたのですが、当時、主に吹き替えをしていたのがラジオドラマの声優たちでした。

また、1963年、手塚治虫を中心に作られた日本初の連続テレビアニメーション「鉄腕アトム」の大成功により、次々とテレビアニメが作られるようになりました。 声優という仕事が一つの独立した職業として注目されるようになったのはこの頃以降のことであるといわれています。

⇒ 声優の生き様Topへ

ページトップへ戻る
Copyright(C) 声優の生き様 All Rights Reserved.