HOME > 更なる展開も望めるが下積みが大変

更なる展開も望めるが下積みが大変

ここ最近人気となっている職業として、声優やナレーターというものがあります。最近は声優の方が歌手業やグラビアなどの仕事を受けるようになっていますが、声優としてある程度の地位を確立できれば、やりたいことに挑戦できるのが大きな良さになっています。アニメのキャラクターに声を当てつつ、自分がこれまで出来なかったことに挑戦していくやりがいは、声優の方には大きな良さに繋がります。人気アニメに出演するだけで、ある程度の知名度を手に入れることになり、色々なアニメに引っ張りだことなります。そして自分を支持してくれるファンの方が付くことになり、多くの方から愛される存在となります。出演数が増えれば声優だけでも生活が出来るようになり、しかも自分のやりたかったことに挑戦できるようになります。事務所の力も借りつつ、歌手業やグラビアの仕事に挑むことができ、こうした方面で更にファンの方と交流できる状態を作ることが出来るのです。

 

業界の現状

その一方で声優やナレーターは、下積みがとにかく大変とされています。まず養成所に行かなければなりませんが、養成所に行ったところで声優としてデビューできるわけではないのです。実はその中から事務所に所属できるのは一握りであり、多くの方はその時点で夢を断たれることになります。こうしてデビューするまでも大変ですが、デビューしてからもかなり厳しい世界となります。一番は収入的な問題であり、声優のギャラは年々減少傾向にあります。アニメ事業が予算をカットして作ることを目指しているので、声優に支払う金銭が減少しているのです。ナレーターでも最初のうちは収入が足りず、生活に苦労することが多いです。中にはアルバイトで副業をしている声優さえいるくらいで、一部の声優以外は別の仕事を兼任しなければなりません。その中でオーディションを受けるのですが、最近は知られている声優を出せばいいと判断され、新人のデビューできる枠が減っているのも現状です。

売れれば声優以外の部分で収入を確保できるので、何でも行って生活も楽になっていきます。しかし下積みの時点で声優を断念する方が結構多いのも現状で、特にアルバイトとの兼任によって、耐えられない状態になることも多い業界です。ナレーターの仕事も同じであり、高い給料を貰える可能性はありますが、その分だけ仕事を得るのは大変です。事務所によって大きく左右される業界でもあり、ある程度仕事を提供してくれる事務所に入らないと仕事が貰えないのです。また女性声優の場合、30歳を過ぎると途端に仕事が減る問題があり、それまでに実績を作らないと仕事が無くなる恐れもあります。現に多くの声優が30というラインで仕事が減り、別の方面で生計を立てる方もいます。

⇒ 声優の生き様Topへ

ページトップへ戻る
Copyright(C) 声優の生き様 All Rights Reserved.