HOME > 声優事務所への入り方

声優事務所への入り方

声優の中には、まったくのフリーランスで仕事をしている、という方も中にはいらっしゃるのですが、本業である声の仕事以外に、スケジュール管理や仕事の受注といったマネージメント業務も自分でやる、というのは非常に大変なことなので、現実的に考えた場合、声優になるためには事務所に所属することが必須条件である、と考えた方が良いと思います。

では、声優の事務所に所属するには、どうすれば良いのかというと、一番オーソドックスな方法としては、まずは事務所が運営(もしくは連携)している養成所に入所し、そこで発声や演技に関する勉強をしたのちに、そこが行っているオーデイションを受験し、合格することです。

オーディションに合格すると、「準所属」、「あずかり」、もしくは「ジュニア」などと呼ばれる正式な所属のひとつ前の段階になります。

この期間は、それほど仕事があるわけではありませんので、様々なオーディションを受けたり、自主的にデモテープを作ったり、マネージャーに働きかけたりして、自分のやる気を十分にアピールすることが大切です。

そのようにして、そこである程度の実績を残した場合に、本格的な契約をして、晴れて事務所に所属することができるのです。

事務所に所属して活躍するメリット・デメリット

難関のオーディションをかいくぐり晴れて所属することができるようになった場合、自らの商品価値を落とさぬ努力はもちろん大切になりますが、自らが動かなくてもお仕事を紹介してもらえる点は、大きなメリットと言えます。場合によっては、事務所のネームバリューやマネージャーなどスタッフの努力の甲斐もあって、さらに大きなステージに飛躍できるチャンスが増えます。そして、その可能性を事務所スタッフと共に探りながら二人三脚で活動をすることができるのは、所属する上での醍醐味と言えるでしょう。

しかし、ビジネスとなると、所属するタレントを売り出すために事務所は戦略を立てます。その際、自分が思い描いていた内容とは異なるお仕事や、キャラクター作りを強いられることもあります。さらに規模の小さい事務所となると、入ってくる仕事の内容や量も期待通りではない場合もあります。このように、自分の思うままにお仕事をできない可能性があることがデメリットと言えますし、お仕事をこなしたとしても契約次第では、手元に入ってくるギャランティは少ない場合もあるでしょう。以上のように、自分の願望と事務所の意向との折り合いをどうつけるかによって、メリット、デメリットが大きく変わってくると言えます。

声優をマネージメントしている事務所の特色

ジャストプロ

⇒ 声優の生き様Topへ

ページトップへ戻る
Copyright(C) 声優の生き様 All Rights Reserved.