HOME > 声優という職業の給料相場について

声優という職業の給料相場について

日本俳優連合(日俳連)外画・動画部という、声優の地位の向上を求めて、様々な運動を展開していく過程で生まれた、いわゆる「声の仕事」をする人たちの協同組合があるのですが、そこから芸能マネージメント事業者協会(マネ教)に動画出演規定というものが委託されており、その規定に沿って、声優の報酬は支払われています。

海外映画の吹き替えやアニメのアテレコについては、個々の声優によってランクが決められており、そのランクに応じて出演報酬が支払われます。 新人の出演報酬は最低ランクで、30分番組に一本出演して1万5千円です。

このランクは3年間は変動はないのですが、その後、キャリアに応じてランクが上がっていき、一本、4万5千円まで上がります。 そして、さらに長くキャリアを積んでいくと、上限なしのノーランクと定められます。

ですので、最低ランクの新人の場合は、仮に週1本のレギュラー番組を持っていたとしても、給料は月に6万円ほど、となるため生活をするのにはかなり厳しい額といえます。

しかし、キャリアを積んでいけば、同世代の平均年収と同程度、とまではいきませんが何とか生活していくことはできると思います。 ある調査によると、声優の給料の相場は平均で16万円程度であるとも言われていますが、この業界は、人気があって仕事が集中している人と、そうでない人の差が激しいので、このような数字が声優の給料の実態を表しているとは言いにくいかもしれません。

⇒ 声優の生き様Topへ

関連記事

一人二役やセリフが多いと声優のギャラは多くなるの?

ページトップへ戻る
Copyright(C) 声優の生き様 All Rights Reserved.