HOME > 声優になるための学校について

声優になるための学校について

声優の養成機関には様々なタイプのものがあります。

まずひとつめは、声優のプロダクション(事務所)が運営、もしくは連携している養成所です。 このタイプの養成機関は、卒業後に、そのプロダクションに所属することができる、という点が長所です。

しかし、当たり前ですが、プロダクションに所属できるのは、ごくごく一部の限られた人のみで、希望するすべての人が所属できるわけではありません。 養成所にはプロダクション主導のもの以外にも、ベテラン声優が主宰しているものもあります。

このようなところでは、声の仕事に関することだけでなく、俳優などのパフォーマンス全般について学ぶことができる、といったようなところが多いです。

有名声優が講師の養成所

マネージメントと直結していないので、卒業後すぐに仕事につながる可能性は低いのですが専門学校や専修学校といったスクール系の養成施設もあります。 専門学校などは各種設備が整っている場合も多く、学校生活ならではの体験を通して、自分のいろいろな可能性を発見することができるかもしれません。

声優専門学校in東京

それ以外にも芸術系大学や短期大学の演劇科、劇団付属の養成所など、様々な選択肢があるので、レッスンを見学させてもらったり、説明会に参加したり、ネットで情報を収集たりして、自分に最適な養成機関を選ぶようにしましょう。

声優専門学校の体験入学でチェックするべきポイントとは?

詳しく知りたい方は、オススメ情報

養成所の授業内容は?

アニメのキャラクターの声あてや、洋画の吹き替え、ナレーションなど、様々な「声の仕事」をする声優は、養成所に通って必要な授業を受けて卒業し、事務所に所属するのが一般的です。

声優学校の教科書には、どんなの?情

ここでは、現在現場の第一線で活躍する声優を多数輩出している養成所、「日本ナレーション演技研究所(以下、日ナレ)」の授業内容を例に説明していきます。ここでの授業内容は、本人の実力に合わせて徐々にレベルアップしていきます。はじめは、ストレッチや発生、滑舌、腹式呼吸などの基礎的な特訓、そして朗読や演技など、実際に演技をする上で欠かせない練習を進めていきます。その後、舞台台本を使って表現力や創造力を高めていく授業を受け、アニメで実際に声を収録する際に行われる「アフレコ」の実習などを行っていきます。

日ナレの場合、次のレベルへ進む際に「審査」が行われ、その審査を通過しないと次の段階へ進むことは出来ません。また、全ての授業を受け終わった後は「オーディション」が行われ、そこで合格した人が養成所のグループプロダクションに所属することが出来ます。これはあくまで一例であり、養成所によって授業内容やステップアップの方法は異なります。しかし、どの養成所であっても、声優への道は狭き門であることは間違いありません。

日ナレの忘れられない講師

養成所の学費の相場は?

声優になりたいと養成所に通う場合、まず気になるのが学費でしょう。

声優養成所の学費は、上は年間200万程度、下は年間30万程度とかなりの幅があるため、明確な相場というものはありません。ただ平均すると、およそ100万程度は用意しておいた方がよいといえます。 また養成所によっては授業料に加えて入学金が必要なところもありますので、決して通いやすい金額とはいえないのが現状です。 では、学費が高い養成所と低い養成所の違いはどこにあるのでしょう。

まず最も大きいのが授業の回数です。

毎日、授業が行われている場合と週に2,3日の授業の場合は当然、料金には違いが出てきます。 また学校のように季節毎のイベントなどがあるところもありますので、そうしたイベントがあるようなところは高めになりやすくなります。

その他、有名な声優を招いての特別授業があったり、実際に現場で使われているスタジオでのアフレコ実習があるなどの授業内容によっても大きく変わってくるものです。

このように学費が高ければ高いほど恵まれた環境で授業を受けることが出来るのは確かですが、それで声優になれる可能性が他よりも高くなるというわけではありませんので、金銭的に無理のない範囲で通えるところを選ぶようにしましょう。

声優養成学校の入所審査で気をつける点とは?

声優学校の恋愛事情

⇒ 声優の生き様Topへ

ページトップへ戻る
Copyright(C) 声優の生き様 All Rights Reserved.