HOME > 声優になるには?学校に行く前にできること > 母音の無声化をマスターしよう!

母音の無声化をマスターしよう!

美しい日本語を話すためには、母音の無声化を理解し習得する必要があります。

母音の無声化とは

母音の無声化とは、母音を発音しないで子音だけを発音することです。

例えば「水族館」という言葉は、「すいぞくかん」と発音するのではなく「すいぞっかん」と発音するのが正しいです。子音のみを発音することで文章がなめらかになり聞き取りやすくなります。関西地方の方言では母音を無声化することがないので、東日本出身者よりマスターするのが大変です。無声音では喉が全く振動しません。

「あいうえお」と発音すればそれぞれ喉が振動しますが、相手の騒音を咎めるように「しー」と言うと喉の震えが止まります。この時の「しー」は最もシンプルな母音の無声化で、お腹に力を入れてはっきりと「しー」と言えば再び喉が振動します。

日本語の規則をまず抑えよう!

日本語のルールでは子音で「H、K、P、S、T」の時に母音を無声化するので、カ行とサ行、タ行、ハ行、パ行の時は子音のみを発音することになります。そして無声化する母音は、これらの子音に挟まれた「い」と「う」です。また「い」と「う」が語尾にある時で、アクセントの核でない時も該当します。よく使うのが、「~です」の「す」です。例外として、「あ」と「お」も無声化することがあります。

代表的なのは、「刀」や「心」です。

これらは口を大きく開いて発音するので、口の開きが小さな「い」や「う」と同じように考えることはできません。しかしルールには必ず例外が存在するので、例外についてはアクセント辞典を参考にしながら覚えます。単語それぞれなら上手く発音できる人も、文章になると母音を発音してしまうことが多いので注意します。練習する時はしっかりと無声化することを確認するために、喉に手を当てます。振動したら母音を発音していることになるので、改善しなければなりません。喉が全く振動しなくなったら、子音をはっきり発音することを意識しながら手を離して自然に発音できるように繰り返します。

母音の無声化は練習ポイント

母音の無声化は練習しないと身につかないので、何回もチャレンジすることが大切です。

「くさい」や「すきま」などたくさんの単語があるので、文章に出会った時に該当する単語がないかを確認してから読み始めると良いです。ゆっくり発音していたものを早く発音することで、ナレーションやアニメに使えるレベルになります。滑舌を鍛える本などを購入する時は、教材にCDが付いているものを選びます。聞き取ることができなければ、発音することはできません。正しい日本語を最初に聞くと、自分の目標が見つかります。自分の発音はICレコーダーに録音するか、他の人に聞いてもらうかなどして客観的に分析することも大切です。日本語には必ず子音に後に母音が付くので母音の無声化を意識している人が少ないです。

よって素人は聞き分けるのが難しいため、無声化ができているかはICレコーダーで確認し、聞き取りやすさがどうだったかのアドバイスをもらうと良いです。日本語は音が前に通りにくい傾向があり、よく日本人は声が小さいと言われます。これは母音の無声化ができていない可能性が高いです。

強く音を前に出せば、口の前に出して人差し指に息がかかります。腹式呼吸をするとカ行やサ行などを発音する時に息を勢いよく出すことができ、音が前に出ます。腹式呼吸では空気を吸った時に肺の下にある横隔膜が下がります。横隔膜は肺と胃などの内臓を隔てている膜で、下がると肺も一緒に下がることで肺にたくさんの空気が入り込みます。吐き出す時はたっぷりの空気が一気に出るので、強い発音になります。息を吸うと空気でお腹が膨らんで吐くと凹むと言われますが、息を吸うと横隔膜によって内臓が押し出されるというのが正しい表現です。

ナレーターやアニメ声優になると、監督の指示でルールとは異なる発音を要求されることもあります。ストーリー展開やキャラクターによってアクセントを付けたい場所が変わると、発音の仕方も変わってくるためです。

プロになるには、それらの要求にも臨機応変に対応しなければなりません。ルールとは異なる指示でも受け入れて、監督が望んでいる演技ができるのは、日本語のルールをしっかり理解している人です。無声音と有声音を使い分けるには、練習しかありません。

無声化を身につけるメリット

無声化が得意になると、早口言葉もできるようになります。

早口言葉ではカ行やサ行など、息を強く吐く子音を連続して言わせるものが多いです。「隣の客はよく柿食う客だ」はカ行がたくさん並んでいます。この早口言葉を噛んでしまうのは、母音を全て発音するために、客や柿、食うといった単語を早く発音しようとすると、口が回らなくなってしまいます。この文章を上手く無声化すると、無駄な母音を発音しなくなるので、口を動かす回数が減ってつまずくポイントを解消できます。発声練習は家でできることですが、近所迷惑などを考慮するならば、公園やカラオケ店、レンタルスタジオでも可能です。

⇒ 声優の生き様Topへ

ページトップへ戻る
Copyright(C) 声優の生き様 All Rights Reserved.