HOME > 中学生さんで声優を目指している方へ

中学生さんで声優を目指している方へ

声優を目指す人ができうる事前準備

近年の声優は活躍の場が広がっていて、アニメだけではなくゲームやバラエティー番組、ドキュメンタリー番組のナレーションなどでも声を耳にする機会が増えています。そのため世間での知名度も上がり、人気の職業として注目を集めています。特に中学生のなかには将来の夢として声優になることを目指している人もいますが、その夢は生半可な努力では実現することができません。

その夢を実現するためには専門学校か養成所に通い、トレーニングを積んで実力を身に付け、オーディションを受けて役を獲得するという方法が一般的です。タレントや俳優など他のジャンルで有名人になって役を得る人もいますが、それはほんの一握りであって現実的ではありません。どんな人でも専門学校や養成所に入学することは出来ますが、実は入学したほとんどの人が夢を諦めているのです。その理由は、声優になりたいという夢が自分の本当の目標ではなく単なる憧れに過ぎないからです。

専門学校や養成所に入学しても夢を諦めてしまう人は、仕事に憧れているのではなく演技者に憧れています。つまり、アニメやゲームでキャラクターに声をあててキャラクターに注目が集まり演技を評価されたいという気持ちではなく、声をあてている自分自身に注目が集まって欲しいという幼稚な考え方をしているのです。芸能人になることは難しいが、声優であれば簡単になれるという誤解を持っているため安易に専門学校や養成所に進学し、現実に打ちのめされて夢を諦めることになっています。そういった人たちは専門学校などで真面目に授業を受けて訓練を積むのではなく、同じレベルの考えしか持っていない人たちとグループを作って既存のアニメを言い合って一日を過ごします。そこに将来への展望はなく、時間をムダにしているだけです。

これから声優を目指す中学生は、自分が何故その夢を持ったのかを再確認することが大切です。演技がしたくて将来の夢として決めたのであれば問題ありませんが、芸能人のように注目を集めたくて夢を持ったのであれば考え直すべきです。演技力を磨くトレーニング方法は確立されていますが、注目を集めるためのトレーニング方法は存在しません。そのため、専門学校などに進んだとしても自分がやりたいことはそこにはなく、漠然と毎日を過ごす結果になってしまうのです。専門学校のトレーニングはハードで、注目を浴びたいだけの人はついていくことが出来ません。当然演技力などの技術も身に付かず、卒業後の進路に苦労することになります。

再確認した結果、声優になりたいという気持ちが変わらないのであれば中学生のうちから将来を見据えた行動を始めましょう。まず、高校はどこに進学しても構いませんが、将来のことを考えると資格を取得できる商業高校か商業科がおすすめです。仮に夢を諦めざるを得なくなったとしても、資格を武器に就職できるからです。そして、アニメをファンとして見るのではなく演技に注目し、同じ台詞を練習することで実力が身に付いていきます。

⇒ 声優の生き様Topへ

ページトップへ戻る
Copyright(C) 声優の生き様 All Rights Reserved.