HOME > 声優になるには?学校に行く前にできること > 声優通信講座って役に立つの?

声優通信講座って役に立つの?

声優通信講座とは文字通り、声優に関するスキルを身につけられる通信講座です。

その内容と費用、受講期間については運営する会社やアカデミーによって異なりますが、基本的な部分は大差ありません。発声や滑舌、発音といった声の基礎的な出し方を鍛えるボイストレーニングをはじめ、アニメのアフレコやTVのナレーションなど声に関する実技を含めて声優に必要なスキルを学ぶ事ができます。使用する教材はテキスト、レッスンCDやDVD、ガイドブックが挙げられ、講座によってはプロの道を歩めるきっかけになるオーディションの参加権も与えられる場合もあります。

声優通信講座のメリットは他の通信講座と同様です。

スクールに通う時間がない人や払える学費が丁度良い人、学校のペースではなく自分のペースで学習したい人、プロになることを意識しているので学びたい人に好まれています。そのなかで「同人活動のために自分の声を鍛えたい」という人も少なからずいます。 一昔前ならともかく、現在の同人活動は目を見張るものがあります。

例えばウェブ小説です。これは同人活動が社会的に認められている代表的な存在ともいます。ウェブ小説とはネットにある小説投稿サイトで投稿された小説の事を指しますが、数多くある小説のなかで人気がある小説は必ずあります。人気がある事はすなわち「面白い」という証拠です。そのため注目の的となりますが、その人気が本物なら出版社にも注目されるようになり、商業作品として書籍化されるケースが一般的になっています。 こうしたパターンは声に関係した同人活動でも前例があります。

漫画やアニメの二次創作イコール同人活動というイメージが大きく占めていますが、創作活動を主にしているアマチュアもおり、そのなかには自作の音楽や歌を楽しんでいる人もいます。そんな人がひょんな事からプロに声をかけられて、そのままメジャーデビューし、歌手として活躍しているケースが実際にありました。もちろんこの人の場合は発声や発音、音程など声だけでなく歌に関する全てが上手だったからこそプロの関心が向いたわけですが、こうした趣味の場面で声のスキルが役立つ事が考えられます。

また同人活動ではありませんが、専門的な意味では俳優など演技力が求められる活動にも役に立つ可能性があります。

声優とは、いわば「声の俳優」です。映像に登場するキャラクターの表情や口の動きだけで台詞を言わなくてはなりません。映像だけの演技は舞台やドラマよりも遥かにレベルが高く、この点も声優になれる門が狭い理由の一つになっています。おまけにアニメになる作品はファンタジーやSFなど架空の世界を舞台にしているものが多く、場合によっては感情移入が難しく、視聴者が作品から離れてしまうケースも珍しくありません。

そんな事態を防ぐにはキャラクターの魅力、つまりキャラクターの役を演じている人の演技力にかかっているのです。ストーリーが面白くないと感じていても、気になるキャラクターが見たくてアニメを視聴する視聴者は大勢います。人を魅了するレベルに到達できなくても、別な立ち位置で演技をするという経験は俳優を目指している人にとってメリットになる可能性が十分あり得ます。

まとめ

以上のような専門的な分野ではなく、講座を受講すれば日常でも役に立つ事はあります。

⇒ 声優の生き様Topへ

ページトップへ戻る
Copyright(C) 声優の生き様 All Rights Reserved.