HOME > 声優になるには?学校に行く前にできること > 声優を目指したいのに、お金がない!

声優を目指したいのに、お金がない!

声優を目指したいのに、お金がないという人も少なくはないかもしれません。そのような方でも出来る事は山のようにあります。まず声を仕事にするわけですから、発声の練習はしなければならないでしょう。

発声練習

その為には腹式呼吸は欠かすことが出来ませんから、このトレーニングはしなければなりません。腹式呼吸が出来ているのかどうかという事は声の声量にも関わりますし、質にもかかわる事になります。簡単に言えばオペラの人のような声が出せるようになると考えると分かりやすいでしょう。オペラが歌える人は例外なく腹式呼吸で歌っているという事をしています。そのため長く歌う事も出来るし、声の質を高めながらボリューム感のある音声を出すことが出来ているという事になるわけです。

どのような声優を目指しているにしても、まず声量というのは大切な要素となる事は間違いないはずです。何故なら声優はある特徴づけられた声を期待されることになるわけですが、ほとんどの声については、まず発声の質と量の両方が求められる事になるからです。基本的に発声が出ないというような人はまずその段階で選択されることはないと考えて良いでしょう。音声はキャラクターに命を吹き込む魔法の言葉でもあるわけで、そのような声が特徴が無い元気のないものではキャラを考えた人もそのような人を選ぶ気にはなりません。

読書

そして、読書もしておくべきでしょう。これは役作りのイメージを考えながらすると良いでしょう。基本的にキャラクターは声でイメージがかなり決まるところが多いという事があります。一般的には声優の声を聞いてそこからイメージを膨らませるわけですが、声の仕事をする人は逆にキャラクターから声のイメージをすることが出来なければなりません。声優の仕事というのはほとんどの場合において作家さんがイメージしたキャラクターというものがあって、それに対応する声もある程度は作家さんの中にあると考えて良いでしょう。

そのイメージに合う音声を作らなければならないのがこの声の仕事という事になります。

つまり、自分の声をアピールするのではなく、人の考えたキャラクターの声を作るというように考えれば、読書でどんな声のキャラクターを作ることが出来るのかという事を常に考えておくという事はしておく必要があるわけです。自分が出来る仕事の範囲をこれで広げることが出来るという事です。

お金が無いからといって何もできないわけでは無いという事を知っておく事が大切です。

⇒ 声優の生き様Topへ

ページトップへ戻る
Copyright(C) 声優の生き様 All Rights Reserved.